スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

にこ「希、勉強教えなさい」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:35:10.51 ID:zeNPw5lyo
にこ「希、ちょっと来なさい」

希「どうしたん?にこっち?」

にこ「あんた今日ひま?」

希「ひまやけど、にこっちはバイトじゃないん?」

にこ「今日はバイト入れなかったのよ。ほら、もうすぐテストじゃない?だからあんたに勉強教えてもらおうと思って」

希「もうすぐって言うか明後日なんやけど…」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:35:41.36 ID:zeNPw5lyo
にこ「……」

希「まさか、全く手をつけてないってことは…」

にこ「それはないわ!」

希「……本当はどうなん?」

にこ「や、やってるわよ」

希「嘘ついたら、わしわしするで」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:36:35.13 ID:zeNPw5lyo
にこ「やってないわ!」

希「はぁ、じゃあウチが教えたるから図書室行こか」

にこ「それはダメよ」

希「なんでなん?ええやん別に」

にこ「絵里にばれちゃうでしょ!」

希「えりちにバレたらあかんの?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:37:03.49 ID:zeNPw5lyo
にこ「当たり前でしょ!勉強してないのがバレたら何言われるか…」

希「じゃあどうするん?」

にこ「希って1人暮らしなんでしょ?あんたの家で良いじゃない」

希「ウチの家?にこっちの家はあかんの?」

にこ「にこの家には妹達がいるから集中できないのよ。それに前に言ってたじゃない、1人暮らしは心細いからって」

希「よくそんなこと覚えてたね」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:37:36.62 ID:zeNPw5lyo
にこ「当たり前でしょ、友達なんだから」

希「そ、そうやね。友達やもんね」///

にこ「何ボソボソ言ってんのよ?」

希「ええやろ、そんなん」

にこ「で、どうなのよ」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:38:55.12 ID:zeNPw5lyo
希「うん、ウチの家でよかったら」

にこ「よし!じゃあ希の家に、行くわよー」

希「その前に連絡しときや」

にこ「…忘れてたりしてないからね」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:39:22.35 ID:zeNPw5lyo

~~~

希「にこっち……ホンマに勉強する気あるん?」

にこ「ええ、あるに決まってるじゃない」

希「じゃあ、ウチの膝から一旦退こうな」

にこ「それは嫌よ」

希「な、なんで……?」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:39:55.84 ID:zeNPw5lyo

にこ「希の膝の上が一番良いの! ほら、ここを教えて欲しいのよ」

希「ん……これ? だったら──」

~~~

にこ「つ、疲れた……」

希「お疲れ、にこっち。……はぁ」

にこ「希も疲れてるじゃない。ありがとね、付き合ってくれて」

希「全然構わへんよ。にこっちが家に来てくれて、ウチ嬉しかったもん」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:40:22.37 ID:zeNPw5lyo

にこ「……よし! じゃあお礼に、私が希の言うこと、なんでも聞いてあげる」

希「な、なんでも?」

にこ「ひとつだけよ、ひとつだけ!」

希「う、うーん……あ、じゃあ」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:41:20.31 ID:zeNPw5lyo

にこ「ん?」

希「お風呂掃除、頼んでもええ?」

にこ「へ?」

希「お風呂。お願いっ」

にこ「……ま、まぁいいわよ。にこに二言はないんだから」

~~~

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:41:47.44 ID:zeNPw5lyo

希「──すごい! にこっち、こんなにピカピカにしたん?」

にこ「ふふん。これでもスクールアイドルだもの」

希「いや、それ関係ある……?」

にこ「細かいことは良いのよ、それより入りましょうか。お湯ためるわね」

希「うん、じゃあ一番風呂はにこっちに」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:42:40.46 ID:zeNPw5lyo

にこ「何言ってるのよ、希」

希「うん?」

にこ「一緒に入るに決まってんじゃない」

希「……うん?」

にこ「なによ、にこと一緒は嫌なの?」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:43:17.88 ID:zeNPw5lyo

希「別にそうゆうんやないんやけど」

にこ「じゃあなんなのよ?」

希「は、恥ずかしいやん」///

にこ「合宿の時にも入ったじゃない」

希「あの時はμ'sの皆もいたやん」///

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:43:53.12 ID:zeNPw5lyo

にこ「なに言ってんのよ、ほらお湯がもったいないでしょ」

希「ちょっ、そんな引っ張らんといて」

にこ「早く服脱ぎなさいよ」

希「わかったから!」

~~~

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:44:21.88 ID:zeNPw5lyo

にこ「や、やっぱり大きいわね」///

希「もう、いつまで見てるん?もう上がるで」

にこ「あ、待ちなさいよ!」

希「ほら、今日は勉強しにきたんやろ?」

にこ「そ、そうだけど…」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:44:49.64 ID:zeNPw5lyo

希「ええんか?それ以上文句言うんやったらワシワシするで?」

にこ「ほら、希!なにやってんのよ!さっさと上がって勉強するわよ!」

希「ちょ、もう何やの!」

~~~

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:45:54.82 ID:zeNPw5lyo

にこ「さぁ、夜は始まったばかりよ。と言うわけで希!なんか話しなさい」

希「いや、その前に勉強は…」

にこ「そんなのいつでもできるでしょ。今はあんたの話が聞きたいの」

希「せやけど、テストが…」

にこ「だいたいねぇ、テストって言うのは日々の努力を確かめるものなのよ。それをテスト前だけ勉強しようなんて卑劣だわ」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:46:26.08 ID:zeNPw5lyo

希「ちなみに日々の努力だけでテストしたら何点くらい取れるん?」

にこ「そーね、にこにかかればテストなんて余裕よ」

希「で、何点くらいなん?」

にこ「赤点はないかも…」

希「それじゃあダメやん!」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:47:17.15 ID:zeNPw5lyo

にこ「な、何がよ?」

希「だって赤点がないかもなんやろ?赤点取るかもしれへんのやろ?」

にこ「まぁそうとも言うわね!」

希「なんで偉そうなんやろ…」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:48:10.06 ID:zeNPw5lyo

にこ「そんなことは良いのよ!」

希「なんでウチの家に来たんやろ…」

にこ「さぁ早く!なんか話しなさい!」

希「はぁ、じゃあ──」

~~~

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:48:53.86 ID:zeNPw5lyo

希「──ってことがあったんよ」

にこ「へぇ~、それは良かったじゃない」

希「せやろ?ほんでな──」

~~~

希「──になってな」

にこ「え、えぇ」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:49:20.51 ID:zeNPw5lyo

~~~

希「──になったんよ!」

にこ「う、うん。それは、良かった、じゃない」

希「どうしたんにこっち?」

にこ「どうしたじゃないわよ!1時よ!いつまで話してんのよ!」

希「えっ?!ほんまや、でもにこっちが話してって…」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:49:53.58 ID:zeNPw5lyo

にこ「確かに言ったけど…もういいわ、ありがとね」

希「で、どうするん?」

にこ「仕方ないからもう寝ましょう。明日も学校でしょ」

希「ウチの家に泊まるのはいつ決まったんやろ…」

にこ「にこと一緒でうれしいでしょ?」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:50:20.38 ID:zeNPw5lyo

希「そ、それは、その…」

にこ「それに、今から出て行ったらにこが可愛いすぎて変な人に絡まれちゃうでしょ」

希「…はいはい、じゃあにこっちはウチのベッド寝てええよ。ウチは布団で寝るから」

にこ「なに言ってんのよ!一緒に寝るのよ!ほら、こっち来なさい!」

希「ちょ、もう引っ張らんといて」

~~~

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:51:01.70 ID:zeNPw5lyo

にこ「さぁ!寝るわよ!」

希「それにしてはテンション高ない?」

にこ「そんなことないわ!!」

希「ちょっと隣にいるんやからそんな大きな声ださんといてよ」

にこ「そんなこと言ってさっきからずっとニコニコしてるじゃない、にk…」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:51:58.70 ID:zeNPw5lyo

希「にこだけに、とか言わんといてよ?」

にこ「…そんなこと言わないわよ」

希「まぁ確かに家の中でこんなに賑やかなのは、μ'sのみんながウチの家に来て以来かも知れへんな。今日は来てくれてありがとう」///

にこ「……」

ギュッ

希「ちょ、ちょっと」///

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:52:34.21 ID:zeNPw5lyo

にこ「……」

希「にこっち?どしたん?」

にこ「べ、別になんでもないわよ!」///

希「なんか急に真姫ちゃんみたいになっとるけど…」

にこ「なってないわよ!」

にこ「希!一回しか言わないからよく聞いておきなさい」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:53:08.78 ID:zeNPw5lyo

希「な、なんやの?」

にこ「寂しかったらいつでも言いに来なさい」

希「…え?」

にこ「希が私たちのためにいろんなことしてくれてるじゃない!そのお礼よ!宇宙No.1アイドルがいつでも来てあげるって言ってるのよ!」

希「………」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:53:40.98 ID:zeNPw5lyo

にこ「な、なによ?なんか言いなさいよ」

希「ううっ…」

にこ「ちょっと!?なんで泣いてんのよ!?」

希「だってにこっちがウチのこと気にしてくれてるから…ぐすっ」

にこ「あ、当たり前でしょ!」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:54:23.60 ID:zeNPw5lyo

希「?」

にこ「…だ、だって私は希のこと、その…」///

希「なんなん?」

にこ「もう!こういうことよ!!」

チュッ

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:55:23.99 ID:zeNPw5lyo

希「な、な、なにを…?」///

にこ「勉強教えてくれたお礼よ!」///

希「お礼だったらお風呂ピカピカにしてくれたやん」

にこ「じゃあサービスよ」

希「じゃあって、適当なんやな」

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:55:52.05 ID:zeNPw5lyo

にこ「だったらなんならいいのよ」

希「したかったって正直に言えばええんやない?」

にこ「別にしたいだなんて思ってなかったわよ」

希「ひどいわにこっち、ウチのファーストキスを奪っておいて遊びだったなんて」

にこ「遊びじゃないわよ!」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:56:34.79 ID:zeNPw5lyo

希「なら本気やったん?」

にこ「もう!そんなこと言わせないでよ!」///

希「ふふっ、かわええな~にこっち」

にこ「ほら明日も学校って言ってるんだから寝なさいよ」

希「なんかお母さんみたいやね」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:57:04.94 ID:zeNPw5lyo
にこ「料理も掃除も洗濯もできる完璧な主婦ね」

希「…にこっち、一つ聞いてもいい?」

にこ「なによ?」

希「…旦那さんはウチでええの?」///

にこ「希しか認めないわよ」///

希「ウチは幸せ者やな~」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:57:32.81 ID:zeNPw5lyo

にこ「希が夫の私も幸せ者よね」

希「さて、もうそろそろ寝ないと学校に遅刻するで」

にこ「そうね、遅刻なんかしたら絵里に怒られるわ」

希「じゃあおやすみ」

にこ「おやすみ」

~~~

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:57:59.73 ID:zeNPw5lyo

希「テストの出来はどうやったん?」

にこ「にこがその気になれば平均点なんか余裕で超えるのよ!」

希「おぉ!凄いやん!」

にこ「もっと褒めていいのよ!」

希「さすがウチやな」

にこ「ちょっと!?」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:58:41.78 ID:zeNPw5lyo

希「ふふっ、冗談よ、冗談」

にこ「さっそく絵里に自慢しなくちゃ」

希「エリチなら海未ちゃんに会いに行ったよ」

にこ「ふーん、なら仕方ないわね」

希「テスト終わってもうたね」

にこ「やっと勉強しなくてすむわね」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:59:08.73 ID:zeNPw5lyo

希「そうやね…」

にこ「希?どうしたの?」

希「…もうウチの家に来る理由がなくなってもうたね」

にこ「なに言ってんのよ」

希「え?」

にこ「私は勉強しなくてすむって言ったのよ。希の家に行かないなんて言ってないわよ」

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 22:59:44.26 ID:zeNPw5lyo

希「に、にこっち…」

にこ「今度はにこの家に来なさいよ。妹たちにちゃんと紹介したいし」

希「ありがとう、にこっち」

にこ「別に感謝なんかしなくていいわよ。それより屋上行きましょう。もう教室にも誰もいないし、きっとみんな待ってるわよ」

希「あ、待ってにこっち」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 23:00:28.15 ID:zeNPw5lyo

にこ「?」

希「あの時の言ってたのって本気?」

にこ「す、好きってやつ?」///

希「う、うん」///

にこ「あ、当たり前でしょ!アイドルは嘘なんかつかないのよ」///

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 23:01:01.19 ID:zeNPw5lyo

希「そ、そうやね、そうやね」

にこ「なんで急に後ろ向いてんのよ?ちょっと、のぞ…」

希「ウチもだーい好きやで!」

チュッ

おわり

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 23:07:06.66 ID:vz9fS5AQ0


ハラショーだったわ!

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 23:08:10.07 ID:dFdmSbR30
乙! 凸凹3年コンビ好き



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422538510/
スポンサーサイト
[PR]

[ 2015/02/19 12:00 ] ラブライブ! | TB(0) | CM(0)
コメント

コメントの投稿






トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssmatomebox.blog.fc2.com/tb.php/217-408051c7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。